たまには。プライベート。

こんにちは。タケセンの寺原です。

3月25日は我が子の小学校卒業式でした。

最後の授業と称して、谷川俊太郎の詩の朗読がありました。

非常に感慨深いものがありましたので、ご紹介したいと思います。

 

「卒業式」

                  谷川俊太郎

ひろげたままじゃ持ちにくいから

きみはそれをまるめてしまう

まるめたままじゃつまらないから

きみはそれをのぞいてみる

 

小さな丸い穴のむこう

 

笑っているいじめっ子

知らん顔の女の子

光っている先生のはげあたま

まわっている春の太陽

 

そしてそれらのもっとむこう

きみは見る

星雲のようにこんとんとして

しかもまぶしいもの

 

教科書には決してのっていず

蛍の光で照らしても

窓の雪ですかしてみても

正体をあらわさない

そのくせきみをどこまでも

いざなうもの

 

卒業証書の望遠鏡でのぞく

君の「(?)」

 

( )に入る言葉はなんでしょう?

卒業証書をまるめた筒から見えたものはなんですか?

 

・仲間

・笑顔

・教室 

etc 

 

ふっと自分が卒業証書をもらった時の事を思い出しました。

あの時の私には、何が見えたのだろう、と。

そして、我が子は今、何が見えているのだろうと。

 

詩の最後の答えは・・・、

「未来」

今日は家に帰って二人で卒業証書の望遠鏡を覗いてみようかな?